理想となる鼻筋

手技の向上を図る

女性

鼻整形において、手軽な薬剤注入によるプチ整形術が展開されています。手技の向上を図ることにより、自然な仕上がりによって、患者の満足度や周囲に整形した内容が疑われない配慮が可能となるため、今後、技術面の向上がより高まる見通しです。これまで同様、希少症例に数多く携わる医療機関での研修で手技が向上できる内容です。例えば、鼻整形において、隆鼻に悩みがある場合、施術法の1つに皮下深層への注入が挙げられています。鼻根部では手技によって、針を垂直に刺入して注入し、必要な部位全体に薬剤を広げる内容です。この施術では、刺入箇所が最も仕上がりを左右するため、できる限り少ない箇所での術式が展開されなければならず、通常は鼻根から鼻背までの広範であれば3箇所であるところ、注入する刺入部位を1箇所に済ませるなど、手技を極めることに邁進する技術面が展開される見通しが挙げられています。この内容により、仕上がりが目立ちやすい鼻整形において、ラインや注入跡などを気にすることなく、患者側の自信や満足度に繋げられる流れです。

目視でチェックできる

薬剤の注入により、鼻を高くする鼻整形が一般的に行われるようになり、隆鼻のみならず、その他にも斜鼻や鼻柱なども薬剤注入によって形態を美しく整えることが可能になっています。針による注入法でもあるため、ダウンタイムの必要性がない施術として人気を集めているプチ整形術となります。注入素材として一般的に提案され、患者へ使用されているのが、安全規格にも認可されているヒアルロン酸をはじめとする注入型となるハイドロキシアパタイトなどであり、人気となる理由は非アレルギー性である点です。整形外科のみならず、美容医療の分野で広く使用されているため、美しいライン作りに適しています。また、希望に沿える内容であるのも人気を集めている理由の1つで、注入量を控えめにしながら調節でき、デザイン性までを患者自らが目視しながら高さ調整でき、理想とする造形美に仕上げられるため、鼻整形でも特に支持されている施術法となります。トラブルが少なく、費用も安価であるため、プチ整形ならではの魅力と言われています。